ねこは体臭が殆ど無い。

ご飯を食べた跡は、口臭がマグロ臭かったりするが、そんなのは歯磨きしないから当然であって、本当に臭わない。
毛布とか、洗濯物の上で寝ていることが多いから柔軟剤の香りがついたりしてて、むしろいい匂いだったりする。

しかし、ウンチとおしっこはさすがに臭い。

6匹もいればなおのことで、毒ガス警報器があれば鳴るんじゃなかろうかというレベル。
飼ったことがある方はお分かりになると思うが、芳香剤じゃ消えない臭い。

さて、うちのネコトイレは2階の廊下に2つ(ゼオライト系)と私の部屋に1つ(シリカゲル系)置いている。
夜中にさあ寝ようか、と思ったが矢先にプ~ンと漂うスメル。

「や、やりやがったな・・・」

やっぱりそのままにしておけないので、眠い目をこすりながら片付ける。
更に砂が撒き散らされていることも多いため、これをほうきで掃除。
その間、じっと見つめるニャンコ達。
ほうきにじゃれついたり、ちりとりに乗ってくるのも何匹かいるので、すこぶる効率が悪い。

そしてよくあるのが綺麗にして、新しい砂を補充した途端にホッカホカのものをすること。
その後ザッザッザッと砂をかけて埋める習性があるのだが、下手くそなニャンコになると「モノに砂かかってないじゃん!!」
って突っ込みたくなるのもいて、いつまでたっても埋まらないから砂の中でグルグル回っている。

そんなこんなで、ずっと構想していたネコトイレハウスを作ることに決めた。

ネコトイレハウスというのはベランダに小型の部屋を作り、そこにネコトイレを設置するというものだ。
ニャンコは家の中からそこに入って用をたすわけで、家の中に臭いも漂わず、足の裏にネコ砂がくっついて嫌な思いもしなくて良い優れもの。

昔のネコの飼い方は、勝手に外に出ていき、用をたし、たまにお土産でスズメとかトカゲとかを咥えて帰ってくるというのが普通で、さほどトイレについては気に掛けなかったのだが、交通事故で死んじゃうニャンコが多く、うちではもう絶対に外に出さない飼い方をしている。
世間でもそのような飼い方をするのが一般的になっているようで、変な病気とか、ノミとかも連れてこないので確かにこの飼い方はいいかもしれない。
(なお、お土産を咥えてくる習性は家の中でもゴ*ブリで体験できるので安心してください。)

このネコトイレハウス、同じように考えていらしゃる方も多いようで、既に製品化されている。
株式会社サンセイ
こんなのあったらいいな、などと思っていて何気なく検索したら出てきた。

今回ネコトイレハウスは自作しましたが、家の中とをつなぐ機器はしっかりした物が良いと思い上記の会社から購入しました。

・・・で、色々書きましたが疲れたので、完成したのがこれ!!

ネコトイレハウス
大きさ 120cm × 70cm × 90cm(H)

(作業中なので、ものを無理矢理どかしてやたら周りがゴチャゴチャで汚いけど勘弁してください。)

ドアオープン
ドアを開けたところ。(ドアは立てかけている板でカンヌキをしています)

中の様子
中のトイレ(奥の黄色の容器は補充用砂が入っているケース)
床にはシートを敷いてます。うんこもちょっと見えます。

天井ライト
天井のセンサーライト(電池式)夜にニャンコが入ると点灯します。
アマゾンで購入できます。

ガラリ
通風口(左右につけました)

出入口
ニャンコの出入り口(ネコトイレハウス側)

サッシ取り付け用ネコドア キャットドアのアップ
ニャンコの出入り口(家側)
サッシの間につけるパネルキャットドアーを使用(サンセイ社製)

完成後ニャンコ達は最初トイレねーじゃん!とウロウロしてましたが、1匹ずつ中に押し込んで教えると、すんなり覚えてくれ1回も粗相もなく過ごせています。
そもそも私の部屋にキャットドアがついていて、そこから部屋を出入りしていたので、こういったドアをくぐるのに抵抗がなかったのが良かったのでしょうか。

材料集めに1日、制作に2日かかりました。
キャトドアを含め、制作費は約35,000円。

決して安くはなかったかもしれないけれども、臭いも無くなって、部屋も汚れず、とっても快適なネコライフを過ごせております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

CAPTCHA


*