お客様から電話

「ウイルスにやられたようです」

ええ~~っ!?

訪問するとウイルスではなく

「security essentials 2010」というマイクロソフトの

無料セキュリティソフトに似せたスパイウェアだった。

こいつがまたタチが悪い!

ウイルスに感染もしてないのに、定期的に

「ウイルスに感染してます!」

のたぐいのウソ警告がバシバシ表示されるし(下記参照)

Critical vulnerables found! Security Alert! Critical warning!

停止できないし、アンインストールなんてもってのほか!

下記は「security essentials 2010」が起動しているとタスクトレイに表示されるアイコン。(赤枠)

ちなみにアイコン上にマウスを当てても何も出んし、クリックしても無反応。

Tasktray icon

メッセージは英語だし、あまり詳しくない人なんかが見たら、慌てふためく感じ。

そんで製品版を購入すれば、ウイルスを退治できるよ!的なメッセージも表示されて

あわよくばクレジット番号を盗み出す寸法っつうムカツク仕様。

下記は「試用版だから役にたたねえっス。製品版を買うことをお勧めするっス」というメッセージ。

Trial varsion

ただ今回はお客様が英語がよく分からなかったため、逆に助かった。

そしてタスクマネージャ、レジストリエディタを塞がれ、このソフトの停止をできなくされる。

※下記はタスクマネージャー、レジストリエディタを起動すると表示されるメッセージ。

Application cannot be executed.The file is infected.

Please activate your antivirus software.

(アプリケーションは実行できません。ファイルが感染しています。

ウイルス対策ソフトウェアを有効にしてください。)

warning

マッチポンプ的なソフトですな。

msconfigで起動しないようにしても案の定ダメ。

○イルス○スター16も退治してくれない。

う~~~~ん・・・既に調査開始から1時間経過。

その日は別件で用事があり、時間が足りん!

Spybotというフリーソフトを実行したままにし、

「何か見つかったら、お電話ください!」

とお客様に話し、帰路についた。

会社に戻ると、すぐにお客様から電話あり。

「何か見つかったみたいです」

おお~!!

ただ検索はまだ続いているようなので、

終わったらまた連絡をもらうことになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

CAPTCHA


*